映画「みをつくし料理帖」は日本の映画史に残る名作って本当だった

ドラマ・映画
スポンサーリンク

「みをつくし料理帖」を見ました。キャプションで「日本の映画史に残る名作が誕生!って書いてありましたけど、大げさではなく本当にそうでした。テレビドラマでも何度か見ましたが、その都度とても感動して、映画ではさらに感動!余韻が薄れないうちに感想を書いておきます。

スポンサーリンク

 

映画「みをつくし料理帖」のストーリー

 

「みをつくし料理帖」の大まかなあらすじです。
享和二年の大坂が舞台。
まるで姉妹のように仲の良い8歳の澪と野江は大洪水で生活が激変して生き別れてしまう。

両親を亡くした澪は神田のそば処「つる家」で女料理人となる。
一方、野江は吉原の遊郭で幻の花魁・あさひ太夫となる。

澪の料理によって念願の野江との再会を果たすが、澪はある決心をする。
料理と遊郭を背景に二人のドラマチックな人生が描かれていく。

スポンサーリンク

 

映画「みをつくし料理帖」の感想・ネタバレ

 

角川春樹監督の生涯最後の映画監督作って書いてありましたが、本当ですか!?
こんな作品を見せられたら、次も是非!と思ってしまいます。

 

澪と野江が占い師に予言されたこと

 

占い師(反町隆史)が澪を野江を見て占うシーン。
澪を「旭日昇天」という朝日が昇るような強運の相と見る。
一方、野江は「雲外蒼天」という相。
これは様々な苦難困難に出遭うが、それらの障害を乗り切れば成功を収めることが出来るというもの。

「旭日昇天」という相を持つ野江は吉原一の花魁になりましたが、それが強運と言いますかね。
野江自身が、吉原に暮らす身を「この地獄」と評しています。

澪の「雲外蒼天」は確かにその通り、数々の苦労困難を乗り越えて、最後は料理番付に名前が載るほど料理人として成功しています。

この占い師の予言が伏線となってドラマが始まります。

 

つる家の常連・小松原との淡い恋

 

時折「つる家」にフラッと現れては澪の料理を食べ、美味しいとは言わずに面白いという不思議な常連・小松原(窪塚洋介)。
澪の料理に対し的確な批評をする小松原は御前奉行という役職だった。
二人は密かに惹かれあっているが、小松原に見合いの話が来る。
想う人が居ると上役に断るが、とうとう見合いの日。
なかなか見合いの席に現れない小松原が向かった先は「つる家」。

裃を身に着け現れた小松原は澪にプロポーズするの?
それとも最後の挨拶に寄っただけ?
と見る方もソワソワしたが、見送る澪に「道はひとつきり、料理に精進せよ」と。

その言葉を聞き澪は育ての母親に「小松原様はもう来ない」と泣きじゃくる。
はっきり別れの言葉を伝えられたわけではないのに、切ないシーンでした。

 

野江と料理人の秘めた恋

 

吉原一の花魁となった野江は、禿だった時に吉原から抜け出してしまう。
足抜けはご法度で見つかったら大変なことになるが、隠れているところを又次(中村獅童)に発見される。
又次の作った粥を食べながら、吉原から抜け出すことなど出来ない、ここで生き抜くことを考えろと諭される。
ある日、野江のいる遊郭に腹を刺された又次が逃げ込み、男衆たちに追い出されそうになったところを野江が「私の命の恩人」と身体を張って又次を守る。

二人は密かに思いあっているが、使用人と花魁との恋愛が身を結ぶはずもなく、お互いが支えとなっていることがよくわかり、これも切ない。
中村獅童のすごみのある演技と花魁に接する時の静かな佇まいはさすがです!

 

日本橋登龍楼の店主の嫌がらせ

 

澪が考案した出汁で茶碗蒸しが大評判となる。
が、ある日客足が途絶えたと思ったら、日本橋登龍楼という料理番付に載る一流店が澪の出汁を真似して茶碗蒸しを作っていた。
怒って店に乗り込む芳(若村麻由美)と澪だったが、この日を境に澪の店に嫌がらせが続き、付け火による火事で店が全焼する。

この火事が付け火の疑いがあると店主(鹿賀丈史)にほのめかすのが小松原だった。

店が全焼した噂は吉原にまで伝わっていて、又次を使いにして野江が見舞いのお金を送ってくる。
そのお金で店を再開させると澪は決心する。

 

戯作者・清右衛門との賭け

 

澪の店の常連の一人、戯作者・清右衛門は幻の花魁あさひ太夫を題材に本を書くため、あさひ太夫の正体を追っている。
ある日、あさひ太夫を遊郭に売り飛ばしたのは自分だという偽の情報を持った男が清右衛門にネタの提供にやって来た。
その場に血相を変えて乗り込んできたのが又次。
包丁を振りかざしたところに止めに入ったのが澪。
そして、澪は清右衛門に賭けを申し込む。
自分の料理を美味しいと言ったら澪の勝ち。
その時はその戯作本を自分にください、と告げる。

その料理対決の日。
勝負は澪のものだったが、清右衛門は「戯作者から戯作を取り上げるのは命を取られるも同様。澪が料理の世界で一流になって、あさひ太夫を身請けするまで戯作本は世に出さない。」と約束する。

あさひ太夫の身請けには四千両かかるが、一流の店になって料理番付に載ればそれも夢ではないと。

その二人の会話を聞いていたのが、見合いの席に行く前に立ち寄った小松原。
何も言わずに店を出た小松原を追いかけて行った澪に「清右衛門の提案を実現するために励めよ、道はひとつきり」と言う。

この一言で澪はもう小松原に会えないと悟る。

 

吉原の祭りで澪と野江は再会

 

吉原の遊女たちが狐の面を被って練り歩くお祭りの日。
又次が野江と会える手筈を整えていた。
ここで待つよう言われて場所に野江が狐の面を被って現れる。
そしてゆっくりお面を外し、二人は再会する。

去っていく野江の背中に、また会おうと決意をこめて伝える澪。

 

映画「みをつくし料理帖」感想まとめ

 

映画「みをつくし料理帖」は料理と遊郭を背景にした二人の人生を描く素晴らしい作品でした。映画の中で登場する料理の数々もすべて美味しそうで、現代でも再現できそうなものばかりです。吉原のお祭りの風景、風鈴の音、物売りの声など、実際にその時代に行ってきたような余韻が残ります。今年の邦画の中でも間違いなくおススメの作品です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました