ここは今から倫理ですドラマのキャスト山田裕貴が漫画のまま!

ドラマ・映画
スポンサーリンク

ここは今から倫理です、山田裕貴の高柳先生が良くて想定外の面白さです。原作の漫画があることを知りコミックをのぞいてみると山田裕貴のビジュアルが漫画の高柳先生のまま!そして2回目のキャストには元宝塚の陽月華さん。ドラマ内で「雨に唄えば」を鑑賞するシーンがツボでした。

スポンサーリンク

ここは今から倫理ですドラマのキャスト山田裕貴が良い!

 

NHKの「ここは今から倫理です」のドラマが予想外に面白いです。
主演の山田裕貴がいいです!
前回のドラマ「先生を消す方程式。」では頼田朝日先生役をとっても不気味に演じていました。
が、今度は正反対に「ここは今から倫理です」の高柳先生は無表情な倫理の先生。
ドラマの2回目では、倫理の授業中にいつも寝ている生徒に「君と話がしたい」と自分の携帯電話の番号を教えます。
授業中寝ている生徒の私生活に何かあると思ったのか、クールなようで生徒のことを思っている先生なんですね。

生徒が夜、高柳先生に電話すると、先生は家で映画を観ているところでした。
オードリーヘップバーンの「ローマの休日」です。
生徒に映画はいいですよ、と見ることを薦めます。

高柳先生が見ていた「ローマの休日」

アマゾンプライム会員は無料で視聴できますよ
アマゾンプライム(登録月は無料)↓
ローマの休日(字幕版)

 

今から?と聞く生徒に「夜遊びに行って欲しくないんですよ」と高柳先生。

そして生徒は母親のDVDを見つけて、映画のタイトルを先生に言います。
「雨に唄えば」・・・唄えばが読めなかったけど、高柳先生は、

「雨に唄えば、いい映画ですよ。お母さんは趣味がいいですね。」と見るように言います。
そして「映画を観た感想を明日話してください。」と言って電話を切ります。

生徒が「雨に唄えば」を見ているところに、お母さんが帰ってきます。

ここは今から倫理ですドラマ2回目のキャストに陽月華

 

この生徒のお母さんとして登場するのが陽月華さん。
元宝塚宙組のトップ娘役の方です。

息子がDVDを見ていることを喜んで、一緒にプリン食べよう!と言います。

二人で「雨に唄えば」を見始めると、ちょっと巻き戻していい?と。
主演のジーンケリーたち三人が歌って踊るシーンを再生するんですね。

この「雨に唄えば」は陽月華さんが宝塚時代にキャシーを演じています。
NHKさん、こじゃれたことをしてくれますねー。

「雨に唄えば」はジーンケリーが土砂降りの雨の中、傘をさして華麗なステップで歌い踊るシーンが有名ですよね。

ジーンケリーの「雨に唄えば」

登録月無料のアマゾンプライムで見る
雨に唄えば(字幕版)

 

ここは今から倫理ですドラマのキャスト山田裕貴が漫画のまま!

 

「ここは今から倫理です」ドラマの高柳先生のビジュアルが漫画のままですね!
特に3巻の表紙なんて、山田裕貴か?というほど。
少し長めの前髪にモントーンの服、目の表情まで漫画の高柳先生そのままです!

「ここは今から倫理です。」

ここは今から倫理です。 1-5巻 新品セット

ここは今から倫理です。まとめ

 

20代に人気の雨瀬シオリが描く学園コミック『ここは今から倫理です。』が実写ドラマ化されました。このコミックが異色なのは、ベースが倫理であること。キルケゴールの言葉「不安は自由のめまいだ」「映画に縛られる2時間は、自由はないが不安もない。それはただ単純に楽しい時間です。」などと、心に響く名言が飛び出します。それでいて説教臭くないところがこのドラマの魅力です。

タイトルとURLをコピーしました