お金持ちになりたいなら今すぐモノを捨てよう!おススメの買取先

断捨離
スポンサーリンク

お金持ちと貧乏な人の違いは持っているモノの量にある!ということがわかりました。
つまり、お金持ちと貧乏な人の違いはモノに対するマインドの違いにあります。
お金持ちのマインドは「必要になったらまた買えばいい」、一方貧乏な人の考えは「取っておけば買わずに済む」




お金持ちの家と貧乏な人の家

 

よくテレビ番組で紹介される大豪邸の家。
お金持ちの家はモノが少なくスッキリとした暮らしぶりですよね。

その反対に、時々紹介されるゴミ屋敷と言われる家。
足の踏み場もないほど、モノがあふれかえっていますね。

明らかに「そんなの、使わないでしょう?}と思われるものでも、「いつか必要になるかも知れない」と、ため込んでいます。

そんな風に、家にはガラクタがどんどん増えていく。

ゴミ屋敷に暮らす人で経済的に裕福な人はいません。

つまり、モノを捨てられず、何でも取っておきたがる人は貧乏の始まり、ということですね。

そういう私も捨てられない性格なので、ドキッとして反省しながら、家の中を見回しています。

モノに執着している人は貧乏ロードから抜け出すことができません。

「執着」の反対語は「手放す」です。
手放すことが出来ない人=貧乏な人、となりますね。

 

貧乏な人の手放せないマインドとは?

 

貧乏な人の手放せないマインドとは、モノだけに限りません。

会社経営で考えた場合。
会社が潰れそうになった時、リストラしなければなりません。

この時、手放せない人の思考は、リストラをしないで会社が生き残る方法はないか?と考えます。

そして決断ができずにズルズル先延ばしにして放置します。
ただ、時間の経過とともにリストラしなければ会社全体が潰れる、という最悪の結果がまっています。

 

手放せない人はどうしたらモノを捨てられるのか?

 

手放せない人のファーストステップは、人生のあらゆる場面で何かを手放し、身軽になる道を選びましょう。

持っているモノが、いつか役に立つかも知れませんが、その場面が来るまでは、ただの重たい荷物です。

試しに、それらの荷物を捨てて手ぶらで動き回ってみると、どうでしょう?

それほど不便さを感じることなく、身軽で動きやすいと感じるでしょう。

スポンサーリンク

 

モノを捨てるレッスン

 

断捨離が注目されるようになって、次々とお片付けの本や整理収納についてのノウハウ本を見かけるようになりました。

少ないモノで快適に暮らす断捨離術、こんまりさんの「ときめく」という感情で捨てるものと残すものを選別する方法、などなど、モノの捨て方に様々な個性があります。

が、世の中にこれほどのノウハウがあるのに、それでも捨てられない人は居ます。

そういう私がそうなのですが。
モノの行き先がゴミ箱というのに少なからず抵抗があるのですね。

ただ、モノとお金の関係といった金持ちマインドを知ると、手放す必要性は大いにあると実感し、少しずつ手放すことをしています。

そんな手放せない人のモノを捨てる実践法は、必要な人に使ってもらうこと。

 

以下は「不用品を必要な人に送り届ける」方法です。

 

海外に送る

 

不用品でフィリピンを支援

 

不用品も処分出来て、おまけに途上国の支援まで出来ます!

エコな社会貢献が出来る「パワーセラー」はこちら

どんな物でも無料で回収してもらえます。(宅配の場合は送料は発送元負担)
リサイクルショップに引き取ってもらえない不用品もフィリピンではニーズがあります。

引き取り可能なもの

・使用済みの鍋や食器

・日本人形や置物

・ぬいぐるみ

・家具

 

 

まとめ

 

ノーブランドの古着や中古の食器の処分に困っていませんか?
捨てることに罪悪感を持っている人にはピッタリの買取先だと思います。
まだ使える、いつか使うかも、と思ったら、なかなか手放せませんよね。
もし1年間使ってないと思うものがあれば、この先も使わない可能性大です。
そんな時は、不用品が誰かの役に立つリサイクルを考えてみるといいかも知れません。

スポンサーリンク
断捨離
スポンサーリンク
まゆさんをフォローする
a.la.kan Life
タイトルとURLをコピーしました