マスクはウィルスに無意味?ウィルスに有効な対策はこれです!

健康
スポンサーリンク

コロナウィルスの症状は風邪やインフルエンザと変わらないそうです。
マスクが品切れとなり、買占めや100倍もの高値で転売されていますね。
が、厚生労働省はマスクは感染予防にはならないと言っています。
マスクが無意味なら、新型ウィルス対策にはどんなものがあるのでしょう?

スポンサーリンク

 

ウイルスにマスクが無意味って本当?

 

厚生労働省によると、マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」と発表しています。

 

”感染予防としてマスクをすることはウイルスを吸い込む危険を低減させるが、
防毒マスクのようなものでなければウイルスを完全に防ぐことは難しい上、
接触感染は防げない。”

ところが、銅に抗菌作用があることが発表され、銅繊維入りのマスクが大人気となっています!

こちらの記事で銅繊維入りマスクを使ってみた感想を書きました。
ウィルスを入れないマスク?銅シート入り抗菌マスクをつけてみた感想

マスクの効果は、感染者のくしゃみや咳に伴う飛沫拡散を抑制したり、環境中の微粒子を吸い込むことを抑える点では効果があります。

感染予防を目的とするマスクの装着は無意味で、マスクにウイルス感染症の予防効果は無いようです。

医療機関で使われているサージカルマスクやN95という規格のマスクもインフルエンザ感染予防効果は認められなかった、という記事を読みました。

そもそもサージカルマスクの目的は、血液やその他体液の飛沫を粘膜に付着させないことです。

「鼻や喉の湿度を保つ」と言う意味ではマスクも有効です。
そして、マスクの着け方が大事で、顎に引っ掛けたり鼻を出したりすることはNGです。

頻繁に触ったり再利用するなど、衛生的ではない使い方は逆に感染症を招くことになるそうですよ。

スポンサーリンク

 

ウイルス対策をヘルスドクターから学ぶ

 

有効なワクチンが実用化されるまで時間がかかると言われています。
今出来ることは、自分で自分の身を守ること。

ヘルスドクターで医学博士の宮崎光史さんが発表している、ウィルス対策を紹介します。

結局は、風邪やインフルエンザへの予防法と大きな違いは無いようです。

 

手洗い

水道水で20-30秒、しっかり洗いましょう。
手が汚れている場合は泡だてた石鹸を使います。
特にマスクを外した後の手洗いは必須です。

水道水で15秒程度洗うだけでも十分だと言われています。
要は小まめな手洗いが必要という事ですね。

水が近くに無い時は?
消毒液やウェットティッシュで手を拭くことも有効です。

 

手を乾かす時に使うハンドドライヤーですが、ウイルスを撒き散らしてしまうと言う報告もあります。
気になる場合はペーパータオルを使用することをおススメします。

なお、ハンドドライヤーを使う時に気を付けたいことは、機械に触れずにゆっくり手を動かし完全に乾かしましょう。

 

うがい

 

茶カテキンを含む緑茶でうがいをすることがおススメです。
緑茶をこまめに飲むこともウイルスを抑えることにつながると言われています。

ただ、感染が起こるのは主に鼻腔粘膜になるため、鼻うがいを頻繁にすることが良いようです。

 

十分な栄養と睡眠

 

十分な栄養と睡眠や休養を取ることで免疫力が強化されます。
良質な睡眠は副交感神経が優位になります。

 

副交感神経とは?
血管が緩んで血圧が低がり、心身がリラックスした穏やかな状態のことを言います。
この副交感神経が優位になっている時、ナチュラルキラー細胞が活性化します。

 

ナチュラルキラー細胞とは?
全身をパトロールしながら、ウイルス感染細胞など外敵を見つけ次第攻撃する
リンパ球のことです。
生まれながらに私たちの身体に備わっている防衛機構で重要な役割を持っています。

 

室内を乾燥させない

 

部屋を加湿することで喉や鼻の粘膜の乾燥を防ぎます。

結局のところは「風邪の様な呼吸器感染症対策」の基本をしっかりやると言うことですね。

 

新型ウイルスは風邪の症状と同じ?感染力は?

 

コロナウイルス感染症の初期症状の主な特徴は、普通の風邪やインフルエンザと変わりません。
主に呼吸器系に深刻なダメージを与えると言われています。

コロナウィルスは人から人へ感染します。

でもウィルス感染した人と接触しても感染する人と感染しない人がいますね。
その違いは免疫力の違いです。

 

ウィルス対策 免疫力をあげよう

 

では、免疫力を上げるためにはどうするか?

先ほどあげた十分な睡眠をとることが重要ですが、他に

・栄養のある食事を取り腸内環境を整える

・普段からよく笑うこと

があります。

免疫細胞の約70パーセントは、腸に存在すると言われています。

・納豆やヨーグルトなどの発酵食品を毎日食べる

・野菜や海藻類、椎茸類をバランス良く食べる

腸内環境を整えておくことが大事なんですねー。

もっと詳しく免疫力を上げる食事について書いています↓

コロナにうつらないための予防法は?レタスを食べておまじないを!

 

そして日頃から楽しく笑うこと。
笑うことで、ナチュラルキラー細胞が活性化します。

楽しく笑うと、体の中で「神経ペプチド」というアミノ酸が出来ます。
この「神経ペプチド」は、血液やリンパ液を通って身体中をめぐります。
そしてナチュラルキラー細胞の表面に付着し、ナチュラルキラー細胞が活性化します。

心の状態と免疫力は深く関係しているのですね。

笑いについての記事は↓も参考にしてください。
ウィルスの対策に笑い療法

 

また、身体の細胞一つ一つには意識があって、私たちの意識の声をしっかり聴いているそうです。

なので、夜寝る前に心の中でありがとう!と、自分の身体に感謝しながら眠ることも免疫力アップにつながります。

 

ウィルスへの対策まとめ

 

コロナウィルスのワクチンが実用化されてない今、自分の身は自分で守るしかないですね。
普段から心がけておきたいことなどまとめてみました。
まずはウィルスに負けない健康な身体作りが大事ということですね。

スポンサーリンク

 

 

健康
スポンサーリンク
まゆさんをフォローする
a.la.kan Life
タイトルとURLをコピーしました