眉の白髪を染める簡単な方法は?眉の白髪対策の最強アイテムを紹介

買い物
スポンサーリンク

還暦過ぎの人で眉毛の白髪が目立つという声を聞きます。
美容院で眉を染めたり、自宅でヘアカラーを塗ってみたり、色々試して一番良かった方法が眉マスカラでした。
ヘアマニキュアとかヘアカラーより簡単で自然な眉になりますよ。
毎日のお化粧の仕上げに眉マスカラを使ってみてください。

スポンサーリンク

眉の白髪を染める簡単な方法

 

最近眉にも白髪が出てくるようになってきました。
結構眉の白髪って目立つんですよねー。
何となく人の視線が気になったりして、落ち着きません。

一度美容院で眉毛を染めたこともありますが、まったく染まらず、大失敗でした。

別の女性オーナーの美容院に行った時、「眉の白髪は眉マスカラで簡単に染まりますよ」
と紹介していただきました。

 

眉の白髪にはこうやって対処する!

 

眉の白髪には、眉マスカラを使う!
眉の白髪の対処法では、これが一番簡単でおススメです。

私が使って良かった眉メイクのおススメはこちら2点です。

①ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

 

②CANMAKE 3in1アイブロウ

 

眉の白髪には、こんな眉メイクがおススメ

 

眉メイクの順番は、
①細い眉尻を眉ペンシルで描く
CANMAKE 3in1アイブロウのペンシルを使用します。

②パウダーを使って眉尻に向かって描く
CANMAKE 3in1アイブロウのパウダーを使用します。
眉頭は不自然になりがちです。
眉頭に向かって眉の流れと逆に描くと自然に見えます。

③ブラシを使ってムラになったところをボカシていく
CANMAKE 3in1アイブロウのパウダーを使用します。

④眉マスカラで白髪の部分をブラシを使って塗っていく
CANMAKE 3in1アイブロウのブラシを使用します。

 

これだけで眉の白髪がまったく目立たず自然な仕上がりになります。
毎日眉メイクをするの?!と思われました?

でも時間もかからず苦になりませんよ!
仕上がりが自然だし、眉の白髪の悩みなんて吹き飛びます。
むしろヘアマニキュアをするよりおススメです!

スポンサーリンク

 

眉の白髪 男性はどうする?

 

眉の白髪では男性も悩んでいる方が多いと聞きました。
このヘビーローテーションの眉マスカラは自然な色なので、黒髪用(08アッシュグレー)を塗ってもいいかもしれません。

黒髪用では変化を感じないという人がいる、ということは、男性が塗っても「アイブロウ塗ってます!」とならないのでは?

 

眉の白髪には眉マスカラとアイブロウペンシルを!

 

私が何度もリピート買いしているヘビーローテーションの眉マスカラの良い点は、

・速乾性があって、髪につく心配がない。
・眉毛にしっかり色が自然につく。
・カラーバリエーションが豊富で、髪の色に合わせて選べる
・地肌に色がつきにくい。
・コスパが良い

こんなにおススメな良い点があって、プチプラなんです。
もう何本リピートしたかわかりません。

 

眉の白髪にはアイブローペンシルがおススメ

CANMAKEの3in1アイブロウは、パウダー、ペンシル、ブラシという1本で3役のかしこさ!
しかもウォータープルーフ!
これだけの機能があって、900円というプチプラが嬉しいですね。

1.5ミリの極細ペンシルは眉尻を描くのに最適です。
ふわふわのスポンジについてるパウダーは質感がよくふんわりした眉に仕上がります。
ブラシでぼかしたら自然な眉が出来上がります。

2色展開ですので、髪色に合わせて選んでくださいね。

眉の白髪の対処法に、3in1アイブロウペンシルと眉マスカラは最強アイテムです。

 

眉が白髪となる三大要因

眉が白髪となる主な要因は3つあります。

①老化

年齢とともに、体内で色素を作り出す機能が衰えてくるのですね。
チロシナーゼという酵素が老化によって機能が低下します。
この働きが悪くなって眉毛も色素を失って白くなります。

②血行不良

冷え性の人は体中に栄養が行きわたりません。
あまり体を動かすことがないと体中の血の巡りが悪くなり、血行不良からまつ毛の白髪になることもあります。

③目の疲れ

目の疲れからドライアイになり、眉毛に白髪が生えると言われています。
パソコンやスマホを見過ぎると、想像以上に目を酷使します。
眼精疲労も眉毛の白髪の原因とは意外でした。

 

眉の白髪のまとめ

眉の白髪で色々な方法を試している方もいらっしゃいますね。
皆さんお化粧をするのだから、その仕上げに眉マスカラを使うだけです。
自然で白髪が目立たない眉になり、本当におススメです。
是非お試しください。

スポンサーリンク
買い物
スポンサーリンク
まゆさんをフォローする
a.la.kan Life
タイトルとURLをコピーしました