レイニーデイ・イン・ニューヨークの音楽19曲を紹介!サントラ盤は?

ドラマ・映画
スポンサーリンク

ウッディ・アレン監督の新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」を観ました。
ジャズ好きなアレン監督が作品のBGMに選んだ曲19曲の大半はエロール・ガーナーとConal Fowkes。
雨のニューヨークを舞台にしたオシャレな映画にふさわしいステキな曲を紹介します。

スポンサーリンク

 

レイニーデイ・イン・ニューヨークの音楽19曲を紹介

 

ウッディ・アレンの新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は、久しぶりにニューヨークが舞台と聞き、ワクワクが止まりません!

しかも雨のニューヨークが舞台と聞けば、どんなにロマンチックな映画なんだろうと期待値はマックスです。

ウディ・アレンのニューヨークを舞台にした作品についての記事も参考までに・・・

ウッディアレンの映画でニューヨークを舞台にしたおすすめの3作品
ウディ・アレンのレイニーデイ・イン・ニューヨークを観て、もっとウッディアレンの描くニューヨークに浸りたい!と思った方へ。アレンのニューヨークを舞台にした映画は10数本あります。 中でも人気のおススメ3作品と個人的に最も好きなウッディアレンの映画を紹介します。

 

ウッディ・アレンの映画は街の風景もステキだけど、BGMで流れるジャズが特別にステキですね。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」はオープニングからウッディ・アレンらしく、ビング・クロスビーで始まりました。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」全編に流れる19曲を紹介します。

 

         曲名         アーティスト
I Got Lucky in the RainBing Crosby
The Best Things in Life Are FreeErroll Garner
Will You Still Be Mine?Erroll Garner
I've Got the World on a StringErroll Garner
Red Sails in the SunsetErroll Garner
Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18: III. Allegro ScherzandoSvetlana Navasardian, Gennadi Provatorov and Moscow Philharmonic Orchestra
Time to HealChristopher Lennertz
Everything Happens to MeConal Fowkes
UndecidedErroll Garner
Everything Happens to MeConal Fowkes (ピアノ) & Timothée Chalamet (ボーカル)
That's My KickErroll Garner
MistyErroll Garner
They Say It's WonderfulConal Fowkes
GigiConal Fowkes
New York NightsBarrie Gledden, Steve Dymond & Jason Pedder
Just Let It GoTerrence Shawn Kelly
Bye Bye BabyConal Fowkes
Sing a Song of SixpenceMichael Scales
Everything Happens to MeConal Fowkes Trio

ジャズを愛するウッディ・アレンが雨のニューヨークを舞台に選んだ曲は、19曲中7曲がエロール・ガーナーです。

特別に惹かれたのが「Misty」。
今まで聞いたことがないというほど華麗なピアノのMistyでした!

Mistyが収録されているCDがありました!
映画の余韻に浸ってください。

Amazonプライムの会員ならAmazonミュージックからも「Misty」が聞けますよ!
30日間無料でお試しできますので、無料会員の間にダウンロードしてくださいね~
Amazonプライム

 

レイニーデイ・イン・ニューヨークの曲で注目はピアノの弾き語り

 

ウッディ・アレンが最も美しい曲で一番好きな曲と言うのが「Everything Happens To Me」です。

主人公のティモシー・シャラメがメランコリックな雰囲気でピアノの弾き語りをするシーンは、個人的にこの映画の一番の見どころだと思います。

長い前髪が額にかかるティモシーの愁いを含んだ美しさと言ったら!

待っていた彼女が現れずに失意の中で「たった一度の恋、君でなければダメなのに、ツキの悪い男なのさ」とピアノを弾くなんて、さり気なくセレブ感が現れています。

「Everything Happens To Me」の演奏者はConal Fowkesというピアニストです。

残念ながらConal Fowkesが演奏する”Everything Happens To Me”は発売されていないようですね。

ティモシーのアンニュイな弾き語り”Everything Happens To Me”、良かったですね~

この素敵な曲をもう一度聴きたい!と思ったら、チェット・ベイカーのボーカルがおススメです。


Everything Happens to Me

AmazonプライムメンバーならAmazonミュージックが追加料金なしで200万曲が聴き放題です!
Amazonプライムミュージック
Everything Happens to Meのボーカルを聴き比べという楽しみ方もありますよ。

女性ボーカルならヘレン・メリル、男性ボーカルならナット・キングコールなど、たくさんのアーティストがこの曲をカバーしています。

 

ついつい、好きな曲を語って熱くなってしまいました
Conal Fowkesに話を戻しますと・・・

Conal Fowkesはグラミー賞を受賞したこともあるピアニストで、劇中でも5曲演奏しています。

ウッディ・アレンがオスカー脚本賞を受賞した映画「ミッドナイト・イン・パリ」では、なんとコールポーターの声とピアノを演奏しているのだそうです。

Conal Fowkesはウッディ・アレンの2013年の作品「ブルージャスミン」でもブルームーンを演奏し、「マジック・イン・ムーンライト」、「カフェ・ソサエティ」でも音楽で参加しています。

実際、2001年からウッディ・アレン率いるジャズバンド「ニューオーリンズジャズバンド」のメンバーとなり、月曜日の夜、カフェ・カーライルで定期的に演奏もしています。

スポンサーリンク

 

レイニーデイ・イン・ニューヨークのサントラ盤はある?

レイニーデイ・イン・ニューヨークのサントラ盤は残念ながらないのですが、Spotifyで"A Rainy Day in New York"のプレイリストを発見しました。

 

Spotifyとは、スウェーデンの会社スポティファイ・テクノロジーが運営する5000 万以上もの曲やポッドキャストを楽しめるデジタル音楽配信サービスのことです。

無料プラン、プレミアムプランがありますが、私は無料プランでも十分音楽のダウンロードが楽しめています。

ウッディ・アレンが好むようなジャズがSpotifyでたくさん見つかりますよ!

Spotifyの詳細はこちら

 

レイニーデイ・イン・ニューヨークのまとめ

 

アレン監督は自身もニューヨークが好きと言われるだけあって、ニューヨークが舞台の作品は特別生き生きしています。しかも雨のニューヨークで、ジャズのメロディに濡れた街並みが取り分け美しいです。音楽と映像、そしてハイソなティモシー・シャラメとため息の連続の映画です。
84歳のウッディ・アレン監督のすごさは、毎年1本映画を撮っていること。
今はコロナの影響で撮影が中断しているそうですが、次回作も楽しみです。どうか100歳になっても映画を撮り続けてもらいたい、と願うばかりです。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました