運転免許を自主返納しました!特典やメリット、その後の身分証明は?

断捨離
スポンサーリンク

運転免許を自主返納しました。65歳以上が対象なの?と思いましたが、私のようなアラカンでも返納しました。その後、身分証明書はどうなる?という心配も大丈夫!運転経歴証明書で代用できます。ネットで運転経歴証明書に有効期限があるとか言う記事を見ましたが、一生使えますよ!

スポンサーリンク

 

免許自主返納をするために東京都の府中試験場に行きました

 

免許の自主返納をするため、平日の午後、府中試験場に向かいました。
運転経歴証明書を即日発行してもらいたかったので、自宅から一番近いのが府中試験場でした。

1.窓口で申請/免許証の取り消し手続き(約20分)

府中試験場に到着したのは13:15頃。
免許自主返納をする窓口は入り口を入って右手奥の9番窓口です。

番号発券機のそばに「運転経歴証明書申請窓口」と大きく書かれているのが見えました。
ここで番号を発券する必要はありません。
窓口で係りの人に「免許を返納して運転経歴証明書を発行してほしい」と伝えればOKです。

今持っている運転免許証を出すと、係りの方は免許証と本人の顔を見比べ、本人確認が完了しました。

それから、免許返納の理由を聞かれました。
「もう運転しないので」と言ったら問題なく、申請の流れを一通り説明してもらいます。

・免許を返納したら、今日から運転出来ないこと
・全部終わるまで1時間半くらいかかること
・運転経歴証明書は郵送はしない

といった内容でした。

ちょっと思っていたことと違っていたのは、更新時には免許証を自宅に郵送してもらえましたが、
運転経歴証明書は当日受け取りで、郵送はしてくれないこと。

運転経歴証明書が発行されるまで1時間半かかると言われましたが、出直すのも大変なので、覚悟を決めて今日申請することにしました。

 

2.運転経歴証明書の交付申請と手数料の支払い(約40分)

まず申請の書類を書いて、ここに申請用の写真が必要になります。
私は写真を持参していなかったので、建物の目の前にある自動撮影機で写真を撮りました。

ここで撮影した写真が運転免許経歴書の写真になるの?と一瞬不安になりました。
自動撮影機って人相が悪く撮れてしまうじゃないですか・・・

でもこの写真はあくまで申請用ということがわかり安心しました。
運転免許経歴書の写真はあとで撮影してもらえます。
証明写真を持参した人は自動撮影機での写真撮影は必要ありません。

この自動撮影機は街角によくある証明写真の撮影機と同じようなものでした。
撮影すると写真が全部で6枚ありました。

・3cmx2.4cmの自動車運転免許証用の写真が4枚
・5cmx4cmの国外運転免許証用の写真が2枚

これで800円でした。

この写真を持って1の窓口に行き、申請手数料1.100円支払います。

そしてもう一度書類と写真を持って、最初の9番窓口に提出します。
この時も番号札は取る必要がなく、係りの人に書類と写真を一式渡すだけです。

30分ほど待って名前を呼ばれました。

 

「これを持って10番の写真撮影に行ってください」と書類が渡されました。
10番で写真の撮影はすぐに終わりました。

また先ほどの9番に戻って書類を出し、待つこと10分ほどで名前が呼ばれました。

 

3.運転経歴証明書の発行

 

窓口に行き、いよいよ運転経歴証明書が手渡されました。

袋の中に入っていたものは、

・申請による運転免許の取消通知書
・高齢者のための交通安全読本
・免許の自主返納による特典のパンフレット
・今まで使っていた免許証

です。

運転経歴証明書は一生使える身分証明書になること、住所変更があったら警察署か免許更新センターで手続きが必要になること、という説明を受けました。

 

「申請による運転免許の取消通知書」は、運転経歴証明書を紛失した時に再発行するのに必要となるそうです。
「申請による運転免許の取消通知書」の用紙も無くしてしまったら?
ただ単に経歴を調べるのに時間ががかるということです。

最初の説明通り、運転経歴証明書をもらうまで大体1時間20分ほどでした。

免許を自主返納するのに必要な物

・写真(3cmx2.4cm)1枚

・手数料1,100円

・運転免許証(既に返納している場合は、住所、氏名、生年月日が確認できるもの)

スポンサーリンク

 

免許自主返納制度とは?

 

免許の自主返納制度とは、運転免許証の有効期間中に

・運転免許が不要になった
・高齢になって身体機能の低下で運転が不安

等の理由で自主的に運転免許証を返納することを言います。

令和元年12月から、運転免許の失効者も運転経歴証明書の交付申請が可能になりました。
停止・取消処分の基準等に該当する人は、自主返納することができません。

 

免許自主返納をするメリット

 

運転免許の更新ハガキが届いたので、更新を考えたのですが、車を持っていないし、移動は電車オンリーでまったく問題ない。
運転免許証って、私にとって身分証明書にしかなってなくて、免許の更新をする意味ってあるのかな?と思いました。

免許を返納した後、身分証明書がなくなることが唯一の不安だったので、そこがクリアされれば、運転免許にこだわることはないですよね。

そもそも、免許の更新に手数料3,000円もかけて身分証明書としてしか使ってないってもったいないですよね。

それにゴールドの免許証なので有効期間5年で、またその後更新する必要があります。

免許を更新するか自主返納するか、5年ごとの更新の手間と手数料を考えた結果、車はこれからも乗らないので、今回の更新のタイミングで思い切って自主返納することにしました。

自主返納すると、タクシーの割引やデパート・スーパーでの送料無料サービスなどが受けられます。
免許の有効期間中に自主返納した方が特典が受けられるので、失効させるのであれば、返納することをおススメします。

運転免許を返納するとこんな特典があります!詳しくはこちらで!

運転免許証を返納する!東京都の65歳からの特典やメリットを紹介
60歳を過ぎると映画のシニア料金など、ごほうびのようにお得な情報がたくさんありますよね。車の免許を持っている方でもう乗らないという方は、失効せずに自主返納しましょう! 特典は少な目と言われている東京都だけでもこんなにありますので紹介しますね。

免許を自主返納したら身分証明はどうなる?

 

今まで運転免許証を身分証明書にしていたので、免許を自主返納したら身分証明書はどうなるんだろう?と不安でした。

運転免許を自主返納した時に希望者に発行される運転経歴証明書というものがあります。

警視庁のWEBサイトでも確認できるとおり、道路交通法改正後、運転経歴証明書が本人確認書類として使用可能となっています。

警視庁の運転経歴証明書について、こちらで確認できます。

 

平成14年6月から施工され、最近では運転経歴証明書が認知されてきました。
ただ身分証明として、運転免許証ほどの信頼度があるか、念のため使う時に確認する必要があるかも知れませんね。

 

免許自主返納の手続きはどこでする?

 

免許返納の申請場所は東京の場合、3ヶ所ある運転免許試験場(府中・鮫洲・江東)、または神田・新宿の免許更新センターか都内の警察署で手続きします。

違いといえば、免許を自主返納した後の運転免許経歴書の発行が、即日発行後日受取りかの違いです。

当日受け取る場合は運転免許試験場で申請します。
約2週間後に申請した場所で受取る場合は、免許更新センターか警察署となります。

運転免許試験場(府中・鮫洲・江東)は平日と日曜日のみ受け付けています。
土曜日と祝日、年末年始はお休みです。

運転免許更新センターと警察署は、平日8:30~17:15まで受付で、土日、祝日、年末年始はお休みです。

免許返納したら特典は? 東京都の場合

 

運転経歴証明書を提示することで特典、優待が受けられます。

東京都の場合は、文化施設、美術館、銀行、ホテル、デパート、カラオケ、はとバス、温泉、劇場などで特典、優待があり、原則として65歳以上の人が対象です。
詳しい特典内容はこちらで確認できます。

免許を返納した時、運転できなくなる不安を解消するのがタクシーの割引サービスでしょう。
各タクシー会社が乗車料金を10%割引していますので、便利ですね。

運転免許自主返納のまとめ

 

実際に免許を自主返納してみて、その日のうちに身分証明にもなる運転経歴証明書を入手できて、
手続き自体は簡単でした。
運転経歴証明書を見せることで受けられる特典は今後もっと増えるかもしれませんので、免許を失効させるのならその前に自主返納することをおススメします。

スポンサーリンク

 

 

断捨離
スポンサーリンク
まゆさんをフォローする
a.la.kan Life
タイトルとURLをコピーしました