【青梅線福生】蓮根の唐揚げ弁当♪美味しい唐揚げの秘密は秘伝のタレ

福生 エール飯 ローカルエリア
スポンサーリンク

今日のテイクアウトは福生・蓮根の唐揚げ弁当です。
夜は居酒屋で、ランチタイムは近隣の会社の方がお弁当を買っています。
店頭に並んでいるお弁当がどんどん売れて行き、最後の1個の唐揚げ弁当をゲット!
秘伝のタレに漬け込んだ唐揚げはマヨネーズをつけなくても美味でござります。

スポンサーリンク

 

福生エール飯 唐揚げ弁当@蓮根

 

コロナの影響で飲食店が大変な状況です。
福生の西口商店街では、飲食店が趣向をこらしたお弁当を店頭で売っています。
お店の皆さんを応援したいと思い今日もランチの買い出しに行きました。
とても活気があって「頑張れ~!」と応援したくなる、エール飯とは良いネーミングですね~

本日のランチは福生「蓮根」の唐揚げ弁当です。
おかずは・・・
唐揚げ、レンコンのはさみ揚げ、卵焼き、春雨のサラダ、マカロニサラダ、お漬物、唐揚げにつけるマヨネーズ。

そしてご飯はちょうどよい炊き加減で一番おいしい硬さです。
さすがプロの味!絶妙な硬さの美味しいご飯です。

見た目以上のボリュームで、おやつの時間にもお腹が空きませんでした。

マヨネーズをつけずにそのまま唐揚げを食べてみました。
さすがに秘伝のタレ、美味しいです!
レンコンのはさみ揚げもお店の人気というだけあって、これも美味しい!

これだけのボリュームがあって、ワンコイン!
500円以上の価値あるお味でした。
リピートしたいお弁当です!

2020年10月15日追記:
現在では本業の居酒屋さんとして営業を再開したためランチのお弁当はやっていません
唐揚げ、蓮根のはさみ揚げのテイクアウトは可能だそうです。
おかずだけ買って、お家のご飯で食べてください!

福生 蓮根とはどんなお店?

 

博多もつ鍋がある九州料理のお店なんですね。
蓮根さんのもつ鍋のこだわりは、焼きアゴ、カツオ、昆布、干しシイタケからじっくりとったお出汁とぷりぷりの国産のもつ。
下処理をしっかりすることによって臭みが少ないのが特徴だそうです。

お刺身は長浜漁港から直送という、新鮮なお刺身が食べられます。
いただいたチラシによると「快眠活魚」と書いてあります。

快眠活魚とは運動中枢をマヒさせて生きたまま、お魚を眠らせた状態にする処理法ですって。
そういう方法があることを初めて知りました(;'∀')
そうすると、お魚本来の味わいと弾力が残るのですね。
ストレスが少ないと生臭さもないと・・・!(^^)!

他に熊本直送の馬刺し、薩摩知覧鶏の鶏ももタタキやもも焼があります。

福生 蓮根へのアクセス

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました