月曜プレミア8・横山秀夫サスペンスロケ地・福生せせらぎ遊歩道公園

ローカルエリア
スポンサーリンク

月曜プレミア8「横山秀夫サスペンス沈黙のアリバイ・モノクロームの反転」で福生のせせらぎ遊歩道公園がロケ地になっています。
原作は警察小説で傑作を生みだしている横山秀夫。2週に渡りドラマが放送されますが、どの場面でせせらぎ遊歩道公園が出てくるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

 

月曜プレミア8「横山秀夫サスペンス」番組情報

 

「横山秀夫サスペンス」のドラマロケが福生で行われました。
番組は月曜プレミア8「横山秀夫サスペンス沈黙のアリバイ・モノクロームの反転」です。
テレビ東京で2020年10月26日(月)と11月9日(月)20:00-21:54分に放映されます。
原作は横山秀夫さんです。

 

この番組は日の出町でも撮影が行われましたよ!

月曜プレミア8「横山秀夫サスペンス」ドラマの見どころ

 

横山秀夫の警察小説の金字塔と言われる短編集「第三の時効」から「沈黙のアリバイ」を1週目に、「モノクロームの反転」を2週目に、主人公が入れ替わる新しい試みが見どころです。

「沈黙のアリバイ」では仲村トオルが主人公、「モノクロームの反転」では岸谷五朗が主役となって事件に挑みます。

二人の「静」と「動」の相反する生きざまもドラマに色を添えるかたちで、本格的ミステリーが見ごたえのある作品になったようです。

 

月曜プレミア8「横山秀夫サスペンス」主な出演者とあらすじ

 

2週にわたって放送される「横山秀夫サスペンス」。
ミステリーが好きな人、警察小説が好きな人にとって見逃せないドラマですよ!

 

「横山秀夫サスペンス」の主な出演者:
仲村トオル、岸谷五朗、内田朝陽、平田満、福士誠治、新山千春ほか

 

1週目「沈黙のアリバイ」のあらすじ

 

笑わない刑事、朽木泰正(仲村トオル)たち捜査班一班はパチンコ店の現金輸送車を襲った強盗殺人班を追っていた。

犯人の一人の自供を取ることに成功し、初公判の初日。
犯人は取り調べては語らなかった「アリバイ」を主張し自供を覆される。
密室の出来事、巧妙な罠に潜む真実とは?

 

2週目「モノクロームの反転」のあらすじ

 

山梨県で起こった一家刺殺事件を村瀬恭一(岸谷五朗)ら捜査班三班が追っている。
そこに朽木泰正(仲村トオル)らの一班も出動することになり、二つの班はぶつかり合いながら事件解決に挑んでいく。

ある不審な車の目撃情報を得て現場に向かう二つの班。
どちらが先に真相にたどり着くのか?

 

このドラマを見て原作を読んでみたいと思ったら、横山秀夫作「第三の時効」で読めますよ!
短編6作品の中に「沈黙のアリバイ」と「モノクロームの反転」が収録されています。

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました